現金預金

お金の取引が生じた時、現金という資産の勘定科目を用います。現金は文字通り日常使っている紙幣・硬貨のことです。
現金1⇒
次は実際に現金を受取ったり、支払いに使用した時の、具体的な簿記処理についてです。
現金2⇒
当座預金は、「預金」とつくからには、預金の一種なのですが、一般的に預金ときいてすぐに思い当たる、普通預金とは別の預金口座です。
当座預金1⇒
当座預金の簿記処理は、「預入れた時」 - 「引出した時」 に記帳をします。
当座預金2⇒
当座預金の簿記処理についてです。手形や小切手が、その支払いを受けることができない状態を、不渡りといいます。不渡りになってしまった小切手を不渡小切手といいます。
当座借越1⇒
当座借越契約をしている企業が、実際に銀行残高を超えて、小切手を振出した場合の仕訳です。
当座借越2⇒
前ページでは、当座借越を二勘定制の場合で仕訳をしましたが、今度は一勘定制で仕訳をしたばあいの話に続きます。
当座借越3⇒
現金過不足についてです。
現金過不足1⇒
現金過不足勘定処理をしたあと、2、3日してから「そういえばあれは買掛金の支払いだったな・・」なんて思い出したりすることもあります。そういう時はもとに戻さなければなりません。
現金過不足2⇒
小口現金についてです。この章ではこれまで簿記上の現金と当座預金についてお話してきましたが、この章のもう一つ重要なテーマ、小口現金について学習します。
小口現金1⇒
定額資金前渡制度での小口現金の続きです。
小口現金2⇒