商品売買

商売の基本は、商品を売って儲けを得ることで成り立っています。商品の仕入は安く仕入れ、高く売ることが基本です。
商品売買について⇒
商品とは一言でいいますが、簿記上でいう商品というのは、販売目的で仕入れた品物のことで、みずからが使用する目的で購入した、車両や機械などの品物とは区別されます。
分割法1⇒
繰越商品勘定はどのような役目になっているのかというと、仕入勘定の中に入っているまだ売れていない商品分を取り除く、在庫管理の役割になります。
分割法2⇒
三分法の記帳のしくみは理解していただいたと思うので、実際に例題を解いてみましょう。
分割法3⇒
商品売買の二つめの記帳方法、分記法について少し説明しておきたいと思います。このページは簿記3級の試験には出題されませんので、余裕のあるかた、2級を受けようと思っている方だけみて下さい。
分記法⇒
企業どうしで商品売買の信用取引をした場合、簿記ではどのように処理したらいいのか、という話です。
売掛金と買掛金1⇒
売掛金と買掛金A商店の場合。
売掛金と買掛金2⇒
返品や値引があった場合、どう簿記処理をしていけばよいのかという話です。
返品と値引⇒
商品を仕入れるときに、トラックの引取運賃や商品の運送保険料・買入手数料、海外からの仕入なら関税など、さまざまな費用が発生することがあります。
仕入諸掛1⇒
仕入諸掛自己負担の場合、問題です。
仕入諸掛2⇒
販売諸掛は仕入の時とほとんど同じで、自己負担か他人負担の2つのケースに分けて仕訳をします。
販売諸掛1⇒
売上諸掛自己負担の場合、問題です。
販売諸掛2⇒