割引手形

まだまだいろいろな手形の話は続きます。つづいては割引手形です。

割引手形

得意先の支払いなど、何らかの形で所有している手形を、決済を待たずに金融機関に裏書譲渡することを「手形の割引」といいます。

手形の割引

通常、裏書手形は、商品の仕入の支払代金にあてるのが一般的ですが、手許の資金が不足しているときには、取引銀行などの金融機関に手形を持ち込んで、満期日前に買い取ってもらうことができます。

手形も小切手と同じで流通性がありますから、手形の支払期日をまたずに現金化してもらうことができるんです。

割引手形1

手形の支払期日前の銀行との、換金化の取引を「手形の割引」といいます。

また、銀行に手形を買い取ってもらう際に、一定の利息を取られます。この利息のことを、「割引料」といいます。

なぜ利息を取られるというと、銀行の立場になっていただければわかると思います。手形を受取っても今すぐ現金化できないので、銀行は、受け取った手形を担保に、企業にお金を貸していることと同じになるんです。資金の融資しているんですね。

お金を借りれば当然、利息がつきます。利息の計算期間は通常、借りてから返すまでの間ですね。ということで、割引料の金額計算は、手形を銀行に買い取ってもらってから、手形支払期日までが、計算をする期間となります。

割引手形2

利息の勘定はいうまでもなく費用です。

割引料の計算式

この割引料の金額計算も簿記の試験問題にでます。ですが、計算は簡単です。クレジットカードのキャッシングや、消費者金融から、お金を借りたことがある方はわかると思いますが、計算式はあれと同じです。

<割引料の計算式>

  • 割引料
  • 手形金額(裏書金額)
  • ×
  • 年利率
  • ×
  • 割引日数
    365日

一般的な利息の計算式です。知っている方は読み飛ばしてください。

割引料
利息になります。
手形金額(裏書金額)
手形の表に記入された、額面の金額になります。
年利率
一年間の元金に対する利子の割合のことです。手形金額(元金)とを、かけることによって、一年間の利息がはじき出されます。もちろん利率は、低ければひくいほど、支払う割引料は少なくなって得になります。実際の利率は、各金融機関ごとに異なるようです。
割引日数
手形の割引が行われた日から、手形の支払期日までの日数のことです。利息計算期間になります。一年間で計算された利息金額を、日数/365日でかけると、割引料がでることになります。試験問題では、20日とか、30日とか具体的な日数を指示されますが、いじわるな問題は、「7月の間」などと書かれたりします。何日なのか大丈夫ですね? 西向く侍で7月は31日です。

ちなみに、日数/365日というように、一日ごとに割引料を求めているので、日割り計算といいます。

また1/12というように、月ごとに割ることを、月割り計算といいます。

日割り計算というのは簿記用語ではないみたいです。金融用語でしょうか?いろんなところで、ちょくちょく出てきます。携帯電話や新聞購読の契約もだいたいどこも日割り計算ですよね。ネットのプロバイダとかもそうかな。

さておき、計算式が出てきましたが、いちいちこの公式を覚える必要はありません。理解すればなんてことはありませんから。