割引手形

手形の割引

例題をといてみましょう。

  • 【例題】
  • 7月8日 得意先A商店から、売掛金の回収代金として受取った約束手形200,000円(支払期日11月30日)を、 取引銀行で割引き、割引料を差し引かれた残額を、当座預金とした。このときの仕訳をしなさい。 ただし、割引日数は(両端入れ)で、割引率は年4%であった。

約束手形を銀行へ持ち込み、割り引いています。
問題を解く前に、まずは手形の割引料の計算をします。

割引料の計算(年間トータルを求める)

割引料といっても要は利息ですから、一年間にどれだけの利息があったかを求めればいいわけです。簿記では「何々率の計算」といえば、だいたい一年間のあいだに、どれだけ何々がかかると、最初に計算で求めることが鉄則です。

これは企業の会計期間が一年単位の計算だから、ということが大きくかかわっているんですが、簿記の問題ではだいたい年何%で出題されるんです。月何%でとは、あまり問題で問わないんですね。

とにかく、先にまず一年間でのトータルの金額を求めます。

手形の額面金額は200,000円です。そして定石どおり、200,000円を一年間割り引いた時の割引料を、まず先に求めます。

実際の金額は、200,000×0.04=8,000で、この8,000円が、割引を一年のあいだにもししていたら、借り続けていたら8000円がかかりますよ、という金額になります。年間の金額をもとめるのがポイントです。

割引料の計算総計

割引料の計算(割引日数を求める)

次に、割り引かれた期間の計算をします。

一年間で、どれだけの日数、手形が割り引かれていたかが、わかればいいんですね。問題文より、7月8日から手形の満期日11月30日までの日数をかぞえます。

割引日数は、

    • 7月
    • 7月8日~7月31日
    • までの24日と、
    • 8月
    • 8月1日~8月31日
    • までの31日と、
    • 9月
    • 9月1日~9月30日
    • までの30日と、
    • 10月
    • 10月1日~10月31日
    • までの31日と、
    • 11月
    • 11月1日~11月30日
    • までの30日

の計146日になります。

割引日数146日を365日で割ると、146日/365日=0.4で、一年間のうちの、4割にあたる期間、手形を割り引いていたということになります。

一年間で8,000円でしたから、その4割、0.4年間で、8,000×0.4=3,200円となり、これが問題で求める割引料になります。

割引料の計算日割り

というようにこんな感じなのですがどうでしょうか?公式に当てはめれば

  • 3,200円
  • 200,000
  • ×
  • 4%
  • ×
  • 146日
    365日

と、すぐにでもでるんですが、この先、利率の問題で、いくらか応用がききますので、割引料の月割・日割計算の理屈をぜひ覚えておいてほしいです。

そして仕訳は利息分を手形売却損(または支払割引料)勘定科目(費用)として別勘定を用い、

  • (借方)
  • 196,800
  • (貸方)
  • 200,000
  • 3,200

と仕訳をします。結果、3,200円が費用として消え、実際に残った196,800円が、この会社で現金としてお金が残ったということになります。