仮払金・仮受金

例によって記帳するタイミングは、勘定科目または金額がわからないことが判明したとき、そして勘定科目または金額が確定したときです。

例題です。

  • 【例題】
  • それぞれの仕訳をしなさい。
    1.従業員の出張に際し、旅費概算額 80,000円を現金で渡した。


    2-1.従業員が出張から戻り、上記旅費の金額が50,000円であることの報告をうけ、残金の返金を受け取った。


    2-2.従業員が出張から戻り、上記旅費の金額が100,000円であることの報告をうけた。不足額は従業員へ現金で支払った。

勘定科目または金額がわからないことが判明したとき

従業員が出張して、出張する際の費用を手渡したのですが、具体的な金額がわからないという状態です。

このとき、仮払金(資産)として一時的に処理をすることになります。

  • (借方)
  • 80,000
  • (貸方)
  • 80,000

勘定科目または金額が確定したとき

今度は従業員が出張からもどり、費用の具体的な金額がわかったときの記帳方法です。

確定したときのパターンとしては、費用を渡しすぎたときと、足りなかったときとの2パターンがあります。といっても考えは同じなので、さらっと見てみましょう。

<旅費が仮払金を超えた場合>

従業員が出張から帰ってきて、旅費が余ったということですね。この場合は、従業員からお金を返してもらいます。

2-1

  • (借方)
  • 50,000
  • (貸方)
  • 80,000
  • 30,000

この仮払金を消す仕訳と同時に、現金も戻るという仕訳をすることによって、勘定口座上は現金が貸方に、旅費交通費が借方に費用として残ることになります。

<仮払金が旅費を超えた場合>

とくに問題ないと思います。今度は従業員が旅費を余分に支払っていたので、

2-2

  • (借方)
  • 100,000
  • (貸方)
  • 80,000
  • 20,000

従業員に不足分を渡すということになります。自腹をきらせたらいけません。(笑)

仮払金勘定科目はどちらの場合も消えることになります。典型的な仕訳ですね。