現金

どうでもいいですが、やっぱり感覚が市民とは違いますね、某吉野家や飲食店で支払いが小切手だったら、どうなるんでしょうか?
「あっ財布忘れた、じゃあ支払いはこの小切手で・・おつりは999万9千…なんて」ちょっとカッコいいとは思いますが、店長が太っ腹でなければ、たぶん無銭飲食で捕まります。やめましょう(笑)

店中の豚丼買えるのにねぇ‥

現金勘定2

今度は実際に現金を受取ったり、支払いに使用した時の、具体的な簿記処理についてです。
私たちが普段使う現金と、どういう違いがあるのかがポイントです。

また、簿記処理をするタイミングとしては、

「受け取ったとき」
「支払ったとき」

がポイントになります。具体的な例題をといてみましょう。

  • 【例題】
  • 2月15日 東京商店に商品150,000円を売り渡し、代金は現金で受け取った。


    3月20日 青森商店から商品200,000円を購入し、代金は現金で支払った。

現金取引時の勘定処理

現金取引の場合、受け取り時は資産の増加なので、仕訳の原則より、借方・貸方の要素に分けて、

  • (借方)
  • ×××
  • (貸方)
  • ×××

と現金勘定科目(資産)を使い、要素は借方だと考えます。
まだ相手勘定科目はわからないので、しかたがありませんが、商品を売上げたということで、売上勘定を使用し、答えはこうなります。

  • (借方)
  • 150,000
  • (貸方)
  • 150,000

次に3月20日の仕訳ですが、逆に現金で支払った時は、資産の減少なので、現金勘定のマイナスと考えて、

  • (借方)
  • ×××
  • (貸方)
  • ×××

と処理します。というわけで3月20日の仕訳は

  • (借方)
  • 200,000
  • (貸方)
  • 200,000

が答えになります。とりあえず売上、仕入の勘定科目は無視をしていただいて、現金勘定科目の借方・貸方の動きを覚えてください。

【例題】
 2月15日 東京商店に商品150,000円を売渡し、代金は現金で受け取った。
  2/15 (借方) 現  金  150,000  (貸方) 売  上 150,000
 3月20日 青森商店に商品200,000円を購入し、代金は現金で支払った。
  3/20 (借方) 仕  入  200,000  (貸方) 現  金 200,000

通貨代用証券の勘定処理

通貨代用証券、例えば小切手の場合も、現金と同等と考えます。
ですので、使う勘定も同じ現金勘定です。受け取り時は資産の増加なので、

  • (借方)
  • ×××
  • (貸方)
  • ×××

逆に現金で支払った時は、資産の減少なので、現金勘定のマイナスと考えて、

  • (借方)
  • ×××
  • (貸方)
  • ×××

と仕訳します。お金を受け取った時と同じです。小切手勘定なんてしないようにしてくださいね^^

【例題】
 4月2日 中央商店に商品200,000円を売渡し、代金は小切手で受け取った。
  4/2  (借方) 現  金  200,000  (貸方) 売  上 200,000
 8月10日 中野商店に商品150,000円を売渡し、代金は小切手で受け取り、ただちに銀行へ預け入れた。
  8/10 (借方) 当座預金 150,000  (貸方) 売  上 150,000

とまぁ結局、前ページで紹介した簿記上の現金(郵便為替証書や配当金領収証)も全て現金勘定科目を使用するということになります。同じです。