部門別原価計算の基本

部門別原価計算とは

製造間接費の部門別計算についてです。部門別原価計算とは、費目別計算で計算された製造間接費を、より正確に各製品に配賦するために、原価の発生場所である部門ごとに集計するという手続きで、原価計算における第2段階の計算になります。

費目別計算では、直接材料費、直接労務費、直接経費の製造直接費は製品に対していくら費用が発生したのかがわかるので製品原価に直課して、間接材料費、間接労務費、間接経費の製造間接費はどの製品にいくら発生したのかがわからないので、直接作業時間などの一定の配賦基準を用いて、配賦率から製品に配賦していました。これは、いままで1つの基準で配賦率を決めて、工場全体で1つだけ配賦基準を用いて各製品に配賦していたことになります。これを総括配賦といいますが、総括配賦は工場の規模が比較的小規模であれば採用しても問題はないのですが、工場の規模が大きくなれば、計算結果が大雑把になり精密な原価計算ができなくなってしまうという問題があります。

どういうことかというと、工場の規模が大きくなると作業内容に応じて工場内で部門が設けられると思います。例えば家具を製造している会社だと、木材をパーツの形に切る部門(切削部門)や、切った材料を組み立てる部門(組立部門)など部門が設けられることになるでしょう。そうすると、切削部門は機械中心の作業が多く、組立部門は工員が中心になって手作業する割合が高くなるといった、部門ごとに仕事内容に特徴がでてきます。

このような部門が違えば製造間接費の内容が異なる状態で、直接作業時間などの1つの基準で製造間接費を総括配賦した場合、おそらく機械作業中心の切削部門は、いくら自部門で製造間接費の発生を押さえようと努力しようにも切削部門は機械作業が主ですから、組立部門に比べて製造間接費をコントロールすることができず、あそこの部長は原価の管理ができない奴だと、工場内で不当な評価を受けてしまいかねません。

そうならないために、より良い原価管理のために原価が「どこ」で、「だれ」の責任で発生したのかを明確にするために、部門別計算が行われます。製造間接費がどこどこででいくら発生した、とかいうように部門ごとに集計するんですね。(部門別配賦といいます。)

これを部門別個別原価計算といいますが、部門別個別原価計算をおこなうことにより、より正確な配賦ができるので、各部門の責任者が自分の責任で製造間接費を管理することができ、より合理的で正確な計算ができます。

話としては単純ですが、部門別計算は計算量が多くなかなかの難所です。そして工業簿記2級の試験でも四大論点といわれる中の一つでよく出題されるので避けて通れません。ふんばりどころです、しっかり学習しましょう。

原価部門の種類

まず先ほどからちょくちょく出ている部門という言葉ですが、工業簿記の中では初めて聞くと思います。部門は原価を分類集計するための計算上の区分で、大きく製造部門と補助部門に分けられます。

製造部門

製造部門とは、製品の製造を直接行う部門のことをいいます。具体的には切削部門、加工部門、組立部門、塗装部門などがあります。

・切削部門(せっさくぶもん)
材料を切る部門
・加工部門(かこうぶもん)
材料を加工する部門
・組立部門(くみたてぶもん)
部品を組み立てる部門
・塗装部門(とそうぶもん)
製品や材料に色を付ける部門

他にもA製造部門とか、第1製造部門とか、何をするのかわからない製造部門名があります。

補助部門

補助部門とは、製品の製造には直接関わらず、製造部門の補助や管理業務を行う部門のことをいいます。具体的には動力部門、修繕部門、事務部門などがあります。

・動力部門(どうりょくぶもん)
工場の動力を担当する部門
・修繕部門(しゅうぜんぶもん)
機械等を修繕する部門
・事務部門(じむぶもん)
工場の事務をする部門

部門名は簿記の試験で指示があるので、覚えなくても大丈夫です。名前からおおよそ何をするのところなのか予想できますよね?製造部門は製品を製造する、補助部門は製品の製造をサポートする、とこれだけ覚えておけばいいと思います。

部門ごとに製造間接費がそれぞれ発生しているイメージです。また、原価部門は原価の発生する会計上の場所のことを指していて、物理的に壁で区切られている場所のことではないことは、試験で問われることはありませんが、すこし片隅にでも覚えておいて下さい。

今までは直接費・間接費と費用の性質単位で集計していたものが、これからは部門という費用の場所ごとに発生したものを集計単位とするので、少し発想の転換が必要です。

部門別計算の勘定連絡図

部門別計算の勘定連絡図はこのようになります。

部門別計算の勘定連絡図

スペースの関係で略していますが、真ん中の赤い部分が部門別計算になります。ちょうど第1次の費目別計算と第3次の製品別計算の間に第2次集計として部門別計算があることを確認してください。また部門別計算を行うか、おこなわないかは企業が選択をします。

そして、四角の中を拡大したものがこちら

部門別計算

製造間接費が仕掛品へ行くまでに、切削部門勘定などをいったん経由しています。青い線が第一次集計と言われるもので、オレンジの線が第二次集計といわれるものです。部門別原価計算の章では、どうやって配賦するのかを学習します。

部門別計算をしない場合は、製造間接費は直接仕掛品勘定へ振り替えられていましたが、部門別計算は部門ごとにそれぞれ最適な配賦基準を設定し、A部門はいくら、B部門はいくらと集計し、最終的に製品に配賦されます。製造間接費の話は終わったと見せかけて、実はまだ続いているんですね。

部門別個別原価計算

単純個別原価計算(総括配賦)

今まで学習してきた個別原価計算は、製造間接費を1つの配賦基準で配賦していました。このことを単純個別原価計算といいます。個別原価計算の章で学習しました。

部門別個別原価計算(部門別配賦)

工場の規模が大きくなると、作業に応じて発生する製造間接費の内容が違ってくるので、工場全体で1つの配賦基準を使わず、部門ごとに集計しなおし、部門ごとに適した配賦基準を製造指図書に配賦します。このことを部門別個別原価計算といいます。

部門別個別原価計算をすることによって、各部門の責任者が製造間接費の発生にムダがないかを原価管理をすることができます。