総合原価計算の計算方法-先入先出法

総合原価計算の計算方法

月初に仕掛品があり月末に仕掛品がある場合

今まで扱ってきた総合原価計算には月初に仕掛品はありませんでした。これからは月初仕掛品がある場合の総合原価計算になります。月初仕掛品がある場合とはどういう場合かというと、月末仕掛品が出たその翌期をイメージしていただければいいと思います。ベルトコンベア上に製品が残っていて、翌期になったのでまた工場の作業開始だぞとコンベアのスイッチを入れはじめてから、この未完成の製品だったものが翌期では繰り越され月初仕掛品になります。

月初に仕掛品がある場合の計算方法は、月初仕掛品と当月製造費用の合計を換算して完成品と月末仕掛品に配分するという手順はやはり同じですが、月初仕掛品の単価と当月製造費用の単価が異なってしまうという問題があります。

端的な例だと材料費なんかがわかりやすいと思います。工場へ材料を入庫した時点で、今日の値段と昨日の値段が同じとは限りませんね。そのため月初仕掛品がある場合、どのように金額の違う原価を完成品原価に配分するかを考慮する必要があります。

月初仕掛品をどのように計算するのかは、平均法と先入先出法と後入先出法★1がありますが、工業簿記2級試験で出題されるのは、平均法と先入先出法の2つになります。

平均法や先入先出法という用語の意味は、材料費会計の章で登場しましたし、簿記3級の商品売買で学習したあのイメージで大丈夫です。

また、いずれの方法も完成品原価を求める計算式は同じです。

  • 完成品原価(月初仕掛品原価当期投入原価)月末仕掛品原価

貸借差額で出すということですね。

先入先出法

先入先出法は、先に投入したものが先に完成したと仮定する計算方法です。先に投入したものが先に完成するので、完成品原価には先に月初仕掛品の原価が含まれ、逆に月末仕掛品の原価は、後から入った当月投入分の原価で計算されるというのが特徴の計算方法です。

先入先出法のポイント

  • ・月初仕掛品は、はじめに加工されて、そのまま完成品になる。完成品に月初仕掛品が含まれる。
  • ・月末仕掛品は、当月投入分が完成せず月末に残ったもの。
  • 月末仕掛品原価当月投入原価÷(完成品数量月末仕掛品数量月末仕掛品数量)×月末仕掛品数量
  • 完成品原価月初仕掛品原価当月投入原価月末仕掛品原価

一応、計算式は載せましたが、覚えなくていいと思います。

  • 例題
  • 当社は製品を大量生産している。次の資料にもとづいて、先入先出法により、月末仕掛品原価、完成品原価、完成品単位原価を計算しなさい。なお、端数が生じた場合四捨五入すること。

    [資料]

    1.生産データ
    月初仕掛品80個(90%)
    当月投入200
    合計280個
    月末仕掛品60(80%)
    完成品220個
    2.原価データ
    直接材料費加工費
    月初仕掛品27,000円47,200円
    当月投入330,000円274,400円

    括弧内の数値は加工進捗度を示す。
    材料はすべて工程の始点で投入している。

    完成品原価     円

    完成品単位原価   円

    月末仕掛品原価   円

解答
  完成品原価   512,400円
  完成品単位原価 2,329円/個
  月末仕掛品原価 166,200円

まずは直接材料費から、材料費・加工費と問題の解き方、月末仕掛品を比率で按分して、完成品を差額で求めるところは前の例題とパターンは一緒です。何はともあれボックスを作ります。

仕掛品-直接材料費
月初仕掛品
80個27,000円
完成
220個?円
当月投入
200個330,000円
月末仕掛品
60個?円

生産データより、月初仕掛品80個、当月投入が200個、完成品が220個、月末仕掛品が60個で、金額が月初仕掛品27,000円、当月投入金額が330,000円で、完成品と月末仕掛品の金額はわかっていない、ここまでは大丈夫でしょうか。

先入先出法は、「先に投入したものが先に完成したと仮定する計算方法」なので、完成品220個のうち月初仕掛品か80個分が完成したと仮定されて完成品に含まれ、残りの(220個-80個)=140個分は、当月投入から生じたものと考えることになります。80個+140個が完成品220個の内訳になります。

また未完成品の月末仕掛品は、先入先出法なので当月投入から発生したということもわかりますでしょうか。ということで月末仕掛品を求めます。

(直接材料費)月末仕掛品:(330,000円÷200個)×60個=99,000円

完成品は月初仕掛品と当月投入を足したものから、月末仕掛品を引いた貸借差額で求めます。

(直接材料費)完成品:月初27,000円+当月330,000円-月末99,000円=258,000円

仕掛品-直接材料費
月初仕掛品
80個27,000円
⇒⇒⇒
完成
220個

月初から80個27,000円
当月から140個231,000円

計258,000円
当月投入
200個330,000円
⇒⇒⇒
月末仕掛品
60個99,000円

先入先出法は当月投入分から月末仕掛品を計算して求めることをちゃんと理解しているかどうかで問題が解けるかどうか差がでますね。

「当月から140個231,000円」と数量の比で求めることもできますが、基本は月末仕掛品から差し引いて完成品原価を出してください。

次は先入先出法の加工費です。

加工費も直接材料費と同じようにして、先入先出法でボックスを埋めてゆきます。進捗度を加味するのを忘れずに。

ボックスの数量を整理します。

(加工費)月初仕掛品:80個×0.9=72個

(加工費)月末仕掛品:60個×0.8=48個

(加工費)当月投入換算量:220個+48個-72個=196個

数量が整理できたらボックス図を埋めていきます。

仕掛品-加工費
月初仕掛品
72個47,200円
完成
220個?円
当月投入
196個274,400円
月末仕掛品
48個?円

先入先出法で計算するので、月初仕掛品が先に完成したと仮定し、月末仕掛品は当月投入から出たものとするので、

(加工費)月末仕掛品:(274,400円÷196個)×48個=67,200円

完成品原価は差額で

(加工費)完成品原価:47,200円+274,400円-67,200円=254,400円

直接材料費のときと同じパターンです。

仕掛品-加工費
月初仕掛品
72個47,200円
⇒⇒⇒
完成
220個

月初から72個47,200円
当月から148個207,200円

計254,400円
当月投入
196個274,400円
⇒⇒⇒
月末仕掛品
48個67,200円

あとは同じく直接材料費と加工費を足します。答えが出ます。

完成品原価:(直接材料費)258,000円+(加工費)254,400円=512,400円

完成品単位原価:512,400円÷220個=2,329円/個(四捨五入)

月末仕掛品原価:(直接材料費)99,000円+(加工費)67,200円=166,200円

以上、総合原価計算-先入先出法の場合でした。