簿記用語集  は

■は
用語読み意味
配当はいとう会社が、株主総会の決議によって、株主に利益金を分配する金銭のこと
配当可能限度額はいとうかのうげんどがく株式会社が配当をすることができる上限のこと
バランスシートばらんすしーと貸借対照表の別称 略号はB/S
備品びひん 有形固定資産のひとつで、1年以上にわたって営業活動上、使用する机や椅子など
費用ひよう企業の営業活動のために消費された対価を、貨幣額によって測定したもの。資本が減少する原因となるもの
複式簿記ふくしきぼき簿記上の取引を原因と結果に分け、収支の記録と損益の計算までを二面的に記録し計算する方式
負債ふさい将来払わなければならない債務や、未払費用、借入金、支払手形など、貸借対照表の負債の部に属する項目のこと
平均法へいきんほうたな卸資産や有価証券の評価をする際に、取得した資産の平均原価を算出し、その平均原価を払出単価として計算する方法

誤字、脱字、この意味が載ってない、など気づいた点がございましたら、掲示板またはメールまでご連絡ください。

簿記用語集