貸付金と借入金

企業は資金に余裕があるとき、取引先や他の企業にお金を貸すことがあります。また、資金が足りない時に銀行や取引先からお金を借りることがあります。

この金銭の貸し借りによって生じた、「お金を返してもらえる権利」のことを貸付け、「お金を返さなければならない義務」のことを借入れといいます。

貸付けと借入れはいわゆる借金のことで、皆さんがイメージしている普通の?借金のイメージでいいと思います。借りたら返す、貸したら返してもらう、お金を貸し借りの内容を明らかにしておくため借用証書を交わす、借りた分の利息を払う、貸した分の利息を受け取る、とそのままです。

簿記では金銭の貸し借りがあった場合、権利があるまたは義務があると、きちんと見分けがつくよう他の勘定科目と区別するために、貸付金(資産)と借入金(負債)と分けて記帳することになります。

では例題。

  • 【例題】
  • ①A社は年利率2%、利息は返済時に受け取るという契約で、B社に現金100,000円を3ヵ月間貸し付けた。A社とB社両者の仕訳をしなさい。


    ②  ①の返済日になり、A社は利息とともに現金で受け取った。A社とB社両者の仕訳をしなさい。

①A社貸付け時の処理

  • (借方)
  • 100,000
  • (貸方)
  • 100,000

A社は取引先などにお金を貸したのでしょうか、お金を貸した場合、返してもらう権利があります。そして、権利があることを区別するために貸付金勘定科目(資産)で処理します。

①B社借入れ時の処理

  • (借方)
  • 100,000
  • (貸方)
  • 100,000

一方、B社は借入れを行ったので返す義務があります。義務があると区別するために借入金勘定科目(負債)で処理します。